好エンジンを引いたのは誰?桐生競艇SG ボートレースメモリアル

いよいよ明日から桐生競艇でSGボートレースメモリアルが始まる。
前検の注目は何と言ってもモーター抽選だ。
今回好モーターを引き当てた選手は誰か?
見ていこう。

エース機・40号機は濱野谷憲吾の手に!!

桐生競艇のエース機と呼ばれる40号機浜野谷選手の手に渡った。
4月ダイヤモンドカップでは石野選手が、6月のGIでは山崎智也選手が
いずれも好気配を見せている。
乗り手を選ばず、展示タイム平均もほとんどの節が2番手前半あるいは
1番手台というのは脅威だ。

ただし、直前で転覆してしまっているのが唯一の懸念材料。
浜野谷選手の初日の走り(10R・3号艇)やコメントに注目したい。

エンジン勝率上位は以下の通り。
(エンジンNO・2連帯率・選手)
40号機・53.4%・浜野谷憲吾
46号機・49.6%・川上剛
60号機・48.4%・中野次郎
45号機・45.5%・遠藤エミ

この中でもう一機注目はしたいのは45号機だ。
G1で福来が好気配を見せており、今回もいい動きをすると思われる。
いずれにしても、上位のモーターを手にした選手の動きには注目したい。

山崎智也をはじめ地元勢の活躍はあるか?

今回のSGには、地元勢として4名が参戦。
山崎智也・江口・秋山・毒島だ。

山崎智也の地元での強さは説明不要だが、モーターをどれだけ仕上げてくるかに
かかってくるだろう。
江口・秋山・毒島も記念での実績は十分だ。
毒島は好枠の10Rでいきなりエース機の浜野谷と激突することになる。
おもしろい戦いになりそうだ。

【初月無料!】
月額540円で厳選レース予想をお届けします!