本命党の皆様へ 悪天候のレースにはご注意を!

昨日は全国を大寒波が襲って大雪になりましたが
皆様いかがお過ごしでしょうか?
私はスーパーで食料品や灯油を買い込んで家に閉じこもる準備をしました。

しばらくこの寒さは続きそうですので、皆様くれぐれもお気を付けください。

さて、レースにおいても本命党の私には気を付けたいと思ったことがあったのでちょっと書いてみました。

蒲郡の優勝戦で大波乱!いったい何が・・・

1月14日の蒲郡の優勝戦は、以下のメンバーで行われました。

(ボートレース蒲郡 オフィシャルサイトより)

実績的には地元で格上の原田幸哉が1号艇。
今節はエンジンも仕上がり上々で1着ラッシュでの優勝戦でした。
当然人気集中。本命党ならぜひとも買いたい1号艇でしょう。

ところが結果は・・・

(ボートレース蒲郡 オフィシャルサイトより)

なんと原田が5着に敗れる大波乱!!

しかも不思議なのはこのスリット形態でどうやってこの結果になったのか!?
いったい何が起こったのか!?
レースリプレイを興味深く見てみました。

通常ならありえない1マークの展開

蒲郡もやはり悪天候の影響でかなり見づらい状況ですね。
雪が降っています。

しかしそんな中でも1号艇の原田はインからしっかりスタートを決めています。
さすがですね。
しかし、この状態からどうやって負けたのか、気になります・・・

???

原田はビックリするぐらい1マークのターンで大きくターンマークを外しての旋回。
まるで1マークが見えてなかったのでは?と思うほどに。
どうぞ差してくださいと言わんばかりに大きく内側を開けて、2号艇と4号艇が楽々差せています。

そしてそのまま5着に終わります。
地元で格上の選手がなぜこんなことになったのか、
本当のところは本人に聞いてみないとわからないのですが
通常ならありえない展開です。

1マークが見えてないのか、ハンドル切りそこなったのか、いずれにせよ
この天候が影響したと考えるのが自然じゃないでしょうか。

悪天候では過信は禁物!舟券は慎重に

もちろん勝負に絶対はありません。
例え地元で格上であっても、1号艇であっても、エンジン出てても、負ける可能性は0ではありません。
なので負けたこと自体は私はいかなるレースでもありえると思うし文句もない。

ただ、この負け方は舟券を買う側からしたら納得できないのではないでしょうか。
多分、番組からしても原田から大勝負にでたファンの方はたくさんいたと推測されます。
私はこの天候なので一切買う気はありませんでしたが、
もし買っていたらリプレイ見て凍り付いています。

ボートレースは天候に左右されやすい競技であることは言うまでもありません。
やはりこういった荒天のときは本命党は過信せずに見送る、あるいは少額で買うなどの対策をするべきだなと思いました。

【初月無料!】
月額540円で厳選レース予想をお届けします!