【江戸川競艇・予想情報】準優勝戦好気配選手まとめ G2江戸川634杯

江戸川G2 江戸川634杯 4日目
《決まり手の内訳》 風速3~9m
逃げ:5
抜き:3
まくり:2
まくり差し:1
差し:1

相変わらずの荒れ水面な江戸川。
個人的にはインの弱い福岡やびわこに次いで苦手です・・

こういったところではよほどしっかりした機力がないと狙いづらい。
ただありがたいことに今回ははっきり機力差が出ていますね。
機力がしっかりしている選手を狙っていきましょう。

では、注目の準優メンバーを見ていきましょう。

【10R】機力接戦!センター齊藤が強襲!?

本命党信頼度:[icon image=”star5-3″] 機力接戦

10Rのメンバーは以下の通りです。

(ボートレース オフィシャルサイトより)

船足の気配は以下のグループになると思われます。

【中堅上位】
飯山泰(1号艇)
齊藤仁(3号艇)
永田秀二(4号艇)

【普通】
平尾崇典(2号艇)
守田俊介(5号艇)
西村拓也(6号艇)

好枠の飯山が有利も、それほど機力に大差はない。

注意したいのは3号艇の齊藤。
着順以上の気配があります。センターから機敏に仕掛ける可能性あり。
そうなると隣の永田にも展開が向くかも。

5号艇・守田の実力はこの中では上位。
スタートが決まっているのでダッシュで攻め込むパターンもあります。
いずれにせよ、接戦が予想されるレースです。

【11R】機力上位の三島が逃げる!

本命党信頼度:[icon image=”star5-4″] 逃げ信頼

11Rのメンバーは以下の通りです。

(ボートレース オフィシャルサイトより)

船足の気配は以下のグループになると思われます。

【上位】
三島誠司(1号艇)

【中堅上位】
三角哲男(2号艇)
稲田浩二(3号艇)
安達裕樹(5号艇)

【普通】
池永太(4号艇)
横沢剛治(6号艇)

ここは機力上位の三島の逃げから。
今節をリードする三島のパワーは須藤と並んで節イチ級です。
行き足から伸びにかけては三島が一番でしょう。

2着以降は接戦。
三角が出足系中心によさそうです。そこに稲田・安達が続く感じ。
横沢は機力はこの中では劣りますが、ターンで勝負するタイプなので軽視は禁物。

【12R】ターン回り仕上がった須藤の逃げ!

本命党信頼度:[icon image=”star5-4″] 逃げ信頼

12Rのメンバーは以下の通りです。

(ボートレース オフィシャルサイトより)

船足の気配は以下のグループになると思われます。

【上位】
須藤博倫(1号艇)

【中堅上位】
若林将(2号艇)
桑原将光(5号艇)
西川新太郎(6号艇)

【普通】
松田祐季(3号艇)
西山貴浩(4号艇)

ここも機力上位の須藤を信頼。
こちらはターン回りが抜群。イン向きの仕上がりと言っていいでしょう。
予選でどれだけ差されても、誰にも差し切りを許さなかったパワーは力強い。

2着以降が注目。ここは外枠の選手が気配が良さそう。
特に西川は上位に近い動きをしています。
着順以上の気配があるので舟券は手広く絡めたいところ。

桑原もあなどれません。
おそらく人気を下げそうなので、こちらも2・3着で買っておきたいところです。

 

 

【初月無料!】
月額540円で厳選レース予想をお届けします!